育毛剤ランキング.com » 男女兼用育毛剤 » IGF-1育毛理論

IGF-1育毛理論


IGF-1理論について追跡・調査しました。
カプサイシン・イソフラボン・シアル酸
これらの重用な成分について掘り下げてみました。

IGF-1とは

IGF-1とはインスリン様成長因子1という主に肝臓で成長ホルモンによる刺激の結果分泌される成分です。人体のほとんどの細胞はこのIGF-1の影響を受けており、細胞の成長はIGF-1と大きな関わりがあるのです。

このIGF-1を安全に分泌させることができれば、美容や育毛に大きな成果が出ると言われていましたが、その方法は見つかっていませんでした。ところが、このIGF-1を安全に増やす方法が発見されたのです。

元名古屋市立大学大学院教授の岡嶋研二博士らの研究グループにより報告されています。

このIGF-1を安全に増やす方法は、唐辛子に含まれる成分である「カプサイシン」と主に大豆に含まれる「イソフラボン」、これらの成分を使用した方法であり、更に独自の方法を組み合わせ発明されたもので、日本国外でも大きく注目されています。

これを発毛という分野に発展させ、特化したのが「IGF-1理論」です。

IGF-1育毛理論

IGF-1理論の中で最も重要であると思われるものが「カプサイシン」です。

カプサイシン

カプサイシンとは唐辛子に含まれる成分であると言う事は先に少し触れましたが、一般的には、発刊作用に効果があり、特に韓国などで美容目的に使われたりしています。

ですが、他の物質で相性が悪い物質との同時摂取ではガンの発生を促進する報告もあるのです。
体脂肪を燃やすためにダイエットなどで利用されていたりもするのですが、ダイエットでは、人での信頼できるデータはないそうです。

また、強い刺激成分のために、催涙スプレーなどに配合されているのがカプサイシンです。
このように、カプサイシンはとても難しい成分であると言えます。

IGF-1理論では、この刺激成分を利用して成果が報告されています。

イソフラボンとの組み合わせにより、安全性を確保していると考えられます。
健康食品としても馴染みのあるイソフラボンについては、説明の必要もないでしょう。
イソフラボンにはガンのリスクを減らす作用があるとだけ、付け加えておきます。

この刺激成分により、IGF-1の分泌が増加することを発見したのが、先にも挙げた岡嶋教授です。
直接、頭皮と毛根に働きかけ、その細胞を活性化し、成長させることに成功したのが


IGF-1理論 なのです。


IGF-1理論には、プラスアルファとしてシアル酸にも着目し、更なる発毛効果を増幅させています。 シアル酸とは主に唾液に含まれる成分で、マウスによる臨床実験で発毛成果も報告されています。

このIGF-1理論を凝縮し、製品化されたのがコチラ

岡嶋教授


男女兼用育毛剤

これまでの記事

SEOparts

Copyright(c) 2012 育毛剤ランキング.com All Rights Reserved.