食文化とハゲ

ハゲの多い国ランキング

   [この画像は、アデランスが調査した資料をトリップアドバイザーが画像に纏めたものです。]

ハゲが少ない国の特徴

これによると、ハゲが少ない国は全てアジアの国だという事が分ります。

残念ながら、日本がアジアの中ではハゲが最も多い国でした。

これには、日本人の食生活が多様化、欧米化している事があげられます。


もっともハゲが少ない国は、中国です。

中華料理は脂っこく、ヘルシーとは言い難いのですが、

一般の中国人の家庭料理は通常イメージされるそれではありません。

野菜や豆腐、魚。

ピーナッツ揚げは、中国人が好む家庭料理として紹介されています。

日本人が想像する中華料理は、中国では特別な日にしか食べないものだそうです。


私は、豆腐やピーナッツ揚げなど豆類を多く食べる食文化が、ハゲが少ない国民性に大きな関わりがあると考えています。

大豆などの豆類に含まれる、イソフラボンには、発毛を促進する効果が認められ、発表されています。

中国人にハゲが少ないという統計は、イソフラボンによるものだと考えられます。


次にハゲが少ない国は韓国という結果でした。

韓国の食文化と言えば、「キムチ」、そして「海苔」でしょう。

特にキムチは、想像以上に日常的に食されています。

ほどほどな摂取量ならば、韓国が1位だったのかもしれません。

トウガラシに含まれるカプサイシンにも発毛を促進する効果が認められ、発表されています。

IGF育毛理論の岡嶋教授が、カプサイシンとイソフラボンの効果を証明し、注目を浴びました。


韓国人にハゲが少ない原因として、トウガラシに含まれるカプサイシンを日常的に摂取している事に注目しましょう。


私の周囲の人で、辛いものが大好きな人に、ハゲがいないのです。

・カレーはいつも激辛。

・カラムーチョ(激辛ポテチ)大好き。

・スパゲティにタバスコたっぷりかける人。

こんな人はおそらく、ハゲる可能性がかなり低い。


ハゲの原因の一つに、遺伝もあげられますが、食生活や、嗜好などは、親から受け継ぐ事が多いと思います。

遺伝と思っていても、遺伝子ではなく、食生活や嗜好によるものだという事もあります。

この場合、食生活を変えるだけで、改善する可能性があると言えます。


当然、ハゲの原因は、食生活だけではないので、全てではありませんが、大きな要素である事に間違いないようです。

ただし、カプサイシンは過剰に摂取すると、マイナス効果やデメリットもあります。

程よく適度に摂取するように心がけましょう。



カプサイシン・イソフラボンを必要量摂取する





育毛の知識

これまでの記事

SEOparts

Copyright(c) 2013 育毛剤ランキング.com All Rights Reserved.